映画

映画
薄型、大型のTVが主流になった現在。迫力の面では映画にひけをとらなくなってきた感があります。

お手軽エンタメ!DVD

バラエティ

ドラマ

アニメ

音楽

ドキュメンタリー

映画

大型化したTVで、迫力は映画館に匹敵するように
4:3のブラウン管テレビが姿を消しはじめ、いつのまにやら16:9の横長TVがどの一般家庭にも置かれるようになりました。また、サイズも32型以上が普通になり、映画も大迫力で楽しめるようになりましたね。それでも映画館の方がスクリーンは随分大きいですが、画面との距離が家の方がたいそう近いので、ぐっとその幅は狭まるわけです。
映画のDVDは激安価格
ブルーレイへの移行もあり、DVDは大安売りされています。人気作が1枚1,000円というのも当たり前になっています。ブルーレイの再生機器を買う予定もないし、画質が気にならないという人にとってはお得です。また、必ずしも全部の作品がブルーレイ化するわけではありません。廃盤になり見られなくなる可能性がある作品は、ぜひゲットしておくべきですね。
昔の映画もいいものです
技術が進歩した今の映画の方が面白いに違いないと、新しい作品ばかり観賞しがちですが、名作と呼ばれる映画はいつの時代に観られても心に食い込む内容を持っています。そういう作品が、生涯にわたって愛せる作品になったりするものです。